MENU

【エロ漫画・同人誌 NTR】鬼教師が寝取られる(ぼたもち)は無料で見れる?

鬼教師が寝取られる

作品情報
サークル名 ぼたもち
タイトル 鬼教師が寝取られる
元ネタ オリジナル
タグ・ジャンル 熟女、男性向け、女性視点、おっぱい、パイズリ、ぶっかけ、フェラ、中出し、寝取り・寝取られ・NTR、巨乳、女教師、成人向け
作品のあらすじ 学校では’鬼教師’と恐れられる如月理子(26)。
実は彼女には秘密がある。それは…生徒であり、年の離れた幼馴染でもある宮下あゆむと付き合っていること――。ある日学校の空き教室で密会をしていた所を
体育教諭の鬼塚に見られていたらしく動画に撮られてしまう。

「動画のこと…どうか黙っていてもらえませんか?」
「私のことだけならまだしも、宮下くんは将来がありますから…」

黙っていて欲しいと食い下がる理子に、鬼塚はひとつの条件を提示する。
――鬼塚の言うことをなんでも聞くこと。

そう…
鬼塚は前から理子を、理子の熟れた身体と、心を、モノにしてみたいと企んでいたのだった。

鬼教師が寝取られる

 

目次

漫画『鬼教師が寝取られる』を読むのにおすすめのサービス

 

鬼教師が寝取られる

漫画『鬼教師が寝取られる』はぼたもちによる漫画です。

この記事を読めば、漫画『鬼教師が寝取られる』をどの電子書籍サービスで見れば一番お得に読むことができるかが分かります!

 

漫画『鬼教師が寝取られる』を読むには、FANZA同人が一番おすすめです!

FANZA同人では漫画『鬼教師が寝取られる』を990円で読むことができますよ!

(2022年6月5日時点の情報です。)

漫画『鬼教師が寝取られる』を読める電子書籍サービスを調査

サイト名 配信状況 会員登録価格/特典

配信中
無料
DMM他サービス利用可能

×
配信なし
無料
300円OFFクーポン

×
配信なし
無料
特典なし

×
配信なし
無料
特典なし

×
配信なし
無料
最大50%ポイント還元

×
配信なし
月額330円(税込)~
無料期間なし

×
配信なし
月額550円~(税込)
無料作品あり
月額加入時ポイント付与

×
配信なし
月額2189円(税込)
最大900ポイント
2週間無料

(※本ページの記載は2022年6月5日時点の情報です。)

漫画『鬼教師が寝取られる』を読むなら、FANZA同人が一番おすすめです!

 

漫画『鬼教師が寝取られる』をFANZA同人でお得に読む方法

漫画『鬼教師が寝取られる』を読むなら、FANZA同人がおすすめです。

FANZA同人では、会員登録に登録無料のDMMアカウントを使用します。

DMMアカウントがあれば、DMM.com、DMM GAMES、FANZA、FANZA GAMESなど他DMMサービスも利用できます!

漫画『鬼教師が寝取られる』は、FANZA同人で990円で読むことができます。

また、漫画『鬼教師が寝取られる』は、FANZA同人での独占配信となっており、他の電子書籍サービスでは漫画『鬼教師が寝取られる』を見ることはできません!

漫画『鬼教師が寝取られる』以外にも、FANZA同人ではFANZA同人の専売作品があります!

他DMMサービスも利用できるので、多種多様のサービスを利用することができます。

FANZA同人では、漫画以外にもゲームやコスプレ画像、ゲームなど多数種類を取り揃えています。

完全オリジナルの同人も多数取り揃えており、同人コンテンツをお探しの方ならおすすめできる電子書籍サービスです!

漫画『鬼教師が寝取られる』の感想

学内での教員同士の関係を描いた作品です。内容はよくある王道のNTRですがヒロインの女性のデザインやエッチなシーンの盛り上がりがすごく自分にははまりました。段々堕ちていく姿がエロくてたまらなかったです。ボリュームもちょうどよかったので最高でした。

学校の先生を題材にしたNTR作品です。少し賛否のある作品だったみたいですが体育教師とヒロインの恵体の女性とうまく釣り合っているように感じてとても興奮しました。作品のイラストもすごく良かったので満足することができました。

漫画『鬼教師が寝取られる』が好きな人におすすめの作品

漫画『鬼教師が寝取られる』を無料で読む方法のまとめ

今回は、漫画『鬼教師が寝取られる』を無料で読む方法を調査しました。

調査結果とおすすめのサービスはこちらです。

漫画『鬼教師が寝取られる』を読むには、FANZA同人が一番おすすめです!

FANZA同人では漫画『鬼教師が寝取られる』を990円で読むことができますよ!

(2022年6月5日時点の情報です。)

是非、この機会に漫画『鬼教師が寝取られる』を楽しんでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる